弁護士の無料相談で民事再生をするメリット

民事再生は、住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下の人、返済不能になる可能性がある人、継続収入を得る見込みがある人が利用出来る制度です。5,000万円以下となると大きな金額で、自己破産をした方がいいと考える人もいます。しかし、自己破産をすると住宅や車などの財産はすべて引き上げられてしまいます。処分されたくない財産がある場合に民事再生は有効です。

無料相談職業によっては、自己破産をすることで続けられなくなる場合もあります。民事再生は自己破産によるデメリットで生活や仕事に影響が出る人のために作られた制度と言っても過言はありません。基本的に民事再生は、自己破産のように借金が免責されるわけではありません。自己破産は支払い義務が免責されるため、借金返済をしなくていいのですが、民事再生は借金返済を続けなくてはいけません。

しかし、借金が大幅に減額されるため、民事再生以前よりは支払いが楽になります。返済期間も原則として3年間で返済していく必要があります。ただ、減額された金額は3年で返済出来る金額に設定されているため、不可能ではありません。民事再生を利用した人の中には、500万円近く減額になった人もいます。大幅に借金が減額されたことで、心身共に無理のない返済が可能となります。財産を失わずに、借金返済をしたい人は自己破産ではなく民事再生を選びましょう。

「個人民事再生」とは、住宅等の財産を維持したまま(※1)、大幅に減額された借金を(減額の程度は、借金の額、保有している財産によって異なります)、原則として3年間で分割して返済していくという手続です。
減額後の借金を完済すれば、再生計画の対象となった借金については、原則として法律上返済する義務が免除されます。

もちろん、すべての借金が減額されるわけではありません。養育費や住宅ローン、税金などは対象外なので注意しましょう。民事再生をする場合は弁護士の無料相談を利用して、話を聞いてもらってください。